Blueoceanstars\'ブログ

のぞみ号初列車担当運転士

平成4年3月14日
東海道新幹線に「のぞみ号」が登場したその日、高塩博幸は新大阪発、東京行き一番列車の「のぞみ302号」運転席におりました。

映像会社を始める前は鉄道会社に勤務しておりました。
0系の保守整備、運転士、運転士養成教師、システム関連、運転士と車掌の安全教育などを経験して参りました。
安全そして正確に列車を運行すること。高塩博幸は、お客さまの命を守り正確に目的地までお運びすることを真剣に取り組んできました。

お客さまが大切にしていることを守り続けるということが、仕事をしていく上で最も重要であることを学びました。
このことは、 お客さまの大切な思い出や記録を形にして残すという、映像制作の仕事においても生かされています。
鉄道会社で叩き込まれた、お客さまが大切にしていることを守り通すという信念は、変わることはありません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP